新幹線や飛行機などの他の交通機関との料金の比較

記事一覧

一番安い交通機関は

バス

東京から大阪間で比較

高速バスは他の長距離移動方法に比べて費用が安く済むのが大きなメリットとして利用されることが多いです。例えば、大阪から東京までで比較してみると、新幹線は13000円前後、飛行機(ANA・JAL)も1万円台前半、そして、飛行機でもLCC(格安航空会社)でも5000円弱となります。一方、高速バスは4000円ほどとなります。ただし、これは平日で一般的な相場であり、高級志向のものや祭日休日などでは値段が異なってくるので注意が必要です。これで比較するなら、一見LCCと高速バスはほとんど同じくらいの値段に思われるかもしれません。LCCといえども飛行機なので当然高速バスよりも早く到着するため、高速バスのメリットがないように見えるでしょう。しかし、この料金はあくまで成田空港と関西空港の間の値段だけであり、どちらの空港も市街地から遠くにあるため、空港から市街地までの交通費も加味する必要がでてきます。結果的には、1万円ほどかかってしまうため、高速バスよりも高くなるケースが多いです。また、高速バスは主要駅のバスターミナルに停車するだけでなく、インターチェンジや主要ホテルやレジャー施設などに停留所を設けていることが少なくありません。もしも、主要ホテルやレジャー施設に向かうとするならば、直通となるためさらに交通費の出費を抑えられることになります。乗り換えも必要としないため、乗り過ごしたり荷物も持ち運びする負担も大幅に軽減することができ、費用以外でもメリットがあります。

Copyright© 2019 新幹線や飛行機などの他の交通機関との料金の比較 All Rights Reserved.